Deutschland ! ドイツ!

ドイツ、ドイツ語、ドイツ人、ドイツ留学などなど、ドイツ関連情報を配信できたらと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ドイツ語の名詞の性

ヨーロッパ言語にはよく名詞に性があります。
イタリア語、スペイン語、フランス語、そしてスウェーデン語などなど。
でもどの言語も性は二つ。

なのにぃーーー!!ドイツ語には名詞の性が3つあるんですっ!
男性、女性、中性名詞の3つです。
3つもあるので名詞の性がわからないとき、ちょっと困ります。二つしかないと当たる確率は50パーセント。
でも3つもあると当たる確率が一気に落ち、33パーセントに・・・
そんな話はおいておいて、飲み物の性の話です。

・水(das Wasser)は中性
・ビール(das Bier)は中性
・ジュース(der Saft)は男性
・ワイン(der Wein)は男性
・シャンパン(der Sekt)は男性

"基本的"に飲み物は男性名詞らしいっすよ。
これ、名詞の性を覚えるときに役立ちますよー!

えっ!?じゃー、なんでビールは中性なの?

それはですね、

ドイツではビールは水とみなされるから・・・
水が中性名詞だから、ビールも中性名詞。
これかなりすごい理由です。

じゃー、コーラ(Cola)は何名詞ですか?
これはまだちゃんと決まってないようです。
よく聞くのは「die Cola【女性名詞】」、でも「das Cola【中性名詞】」の意見もあり。

なんで女性名詞なの?
Colaは「a」で終わってるから。

なんで中性名詞なの?
「das Getraenk(飲み物)」だから。

でもColaが男性名詞ではないことだけは確かだそうです。
der Saftなのに。なんでなんでしょうね。
Colaだってジュースのひとつですよね?
不思議です、不思議でたまりませんっ!!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。