Deutschland ! ドイツ!

ドイツ、ドイツ語、ドイツ人、ドイツ留学などなど、ドイツ関連情報を配信できたらと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Deutsche Sprachpruefung II bei SDI その5

書き取り(Diktat)は試験時間45分です。

先生がテキストを3回、声を出して読むので、その文章を間違えずに書き取るといういたってシンプルな試験です。耳から入ってきた単語をつづりを間違えずに 書けるか、大文字なのか小文字なのか、複合語なのかひとつの単語なのか、的確な場所にコンマが打てるかなどがこの試験では問われます。

1回目は朗読のペースなので書き取ることはできません。このときにテキストの内容をつかみます。
2回目はゆっくりと一文ずつ、2、3回繰り返して読んでもらえるので、そのときに書き取ります。
3回目はまた朗読のペースです。このときは書き取った文章を見直すという感じです。

この試験簡単そうに聞こえますが、意外に難しかったりするようです、特にアジア人には・・・
Diktatの克服の仕方としては、ドイツ語をたくさん聞くこと、それからわからない綴りがあったら聞いたり、自分で辞書を引いたりして調べる。そうすることによって、綴りを覚えられるのではないかと。
やはり一番いいのはすぐに人に聞かず、自分で耳から聞き取った音をなんとか綴ってみて、いろんな音の組み合わせを試して見ることも大事だと思います。
そうすると、どのようにアルファベットが並ぶのかを同時に学ぶことができるかな。

辞書を引くことって大事です。辞書が恋人というくらいの勢いで辞書を引くのが最大の対策ですね!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。