Deutschland ! ドイツ!

ドイツ、ドイツ語、ドイツ人、ドイツ留学などなど、ドイツ関連情報を配信できたらと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マジっすかー!?

今日はですね、ありえないような本当の話です。

ドイツ人の友達と一緒に中央駅の近くを歩いてたときの話です。

信号が赤だったので、待ってたんです、青になるのを。
青になって渡ろうとしてたらいきなり車が、ブレーキかける気配がなかったので、まだ私は歩道にいたんですけど、おばさんがひとり、青になってすぐに信号渡り始めたから、その車にひかれそうになったんです。
おばさんと車の距離なんて本当に5cmあるかないかとか、本当にそれくらいの距離だったんです。
私たちビックリしちゃいました。
しかも運転手は女の人。ぶつかりそうになったおばさんを気遣うこともなく、車からも降りないし、
窓も開けないし、謝らないし、おばさんの様子もみようとしないんです。
これ、脅威でしょ。

で、私たちがもう一度違う信号を渡ろうとしたときに、その女窓開けてきて、私たちを怒鳴りつけたんです!
窓を開けた時点で、「えっ、なんでいまさら?」って思ったんですけどね。ひかれそうになったおばさんはもうそこにはいなかったので。

そのあとがすごかった!!!
何を言い出すのかと思いきや、





「あんたたち(歩行者のことですね)は

いつも赤信号で平気で信号渡ってんじゃない!

なのになんで私はだめなのよーー!」




って当たり前でしょ、普通にダメでしょ!あんた車に乗ってんだし!

友達もその女の言葉にキレて、

「そっちが信号赤なのに、突っ込んできたんだろー!何言ってんだ!?こっちは青だから渡ってたんだ!」

って、言い返してました。もちろん私も「あんた、頭おかしいんじゃない?」と一言吐き捨てておきました。

つーか、いいんですか、こんなことがあって、っていうか、朝10時過ぎですよ!
いくらなんでも度が過ぎますよね!ビックリしちゃいましたよ、これには!
さすがにここまでくると、笑うしかないですよね。なんか怒る気にもなれないというか、
こんな考えしてるんだねぇ、って逆に感心しちゃいます。天晴れ!

ひかれそうになったおばさん、本当にビックリしてっていうか、心臓止まりそうになってて、しばらくボーーってしてましたからね。とりあえず大丈夫とは言ってたけど、運転手の女、一言もおばさんに声もかけずに、私たちに文句だけ言って、去って行きました。

すごいでしょ、この事件。ありえないでしょ。でも本当です。

banner

スポンサーサイト

PageTop

ドイツ人の英語

この前友達に聞いた結構面白い話です。

その友達はVolkshochschule(市民大学)に英語を習いに行ってます。
はやい話がドイツ人と一緒に英語を勉強してるわけです。

笑うしかない、ドイツ人がやっちゃう英語の間違い。

なんて言ったかわからなかったとき、聞き返すときにドイツ語では

Wie bitte? もしくは Bitte?

といって聞き返します。

だから!?ついつい英語でも

Please?

って言っちゃうらしいです。
どうしても、PardonとかSorryって言えなくて、毎回注意されてるらしいです。

私の中で一番聞いてて気持ち悪いというか、毎回、耳を疑っちゃうのが、

OR?

です。

ドイツ語で、「-だよね?」って聞くときに 

Kommst du heute, oder?(今日来るんだよね?)

というふうにoder?っていっつも使うから、英語でも

× Will you come today ,or ?

or じゃなくてright って言えばいいだけなのに。それが難しくてできないんですって。

あんまりにも単語とか文法とか似てると、変なところ、日本人じゃ考えられないような間違いも出てくるんですね。
やっぱり外国語を勉強するときはどうしても母国語がかかわってきちゃうんですね。

banner

PageTop

ドイツのサービス

昨日の夜、友達と一緒にBad TölzあるBiertempelという、ビアガーデンに行って来ました。
昨日はすっごい天気がよかったので、ビアガーデンにみんな集合!

とにかく、お店の人たちめちゃくちゃ忙しかったわけですよ。そんなとき、疎かになるのがサービス!
ドイツのサービスなんて普段からたまに頭にくるくらいの悪さ。それが疎かになるともっとすごいことになるんです!ビックリしないで聞いてください!読んでください。

毎週木曜はSchweinsbraten(焼き豚?と訳していいのでしょうか?)と、Kartoffelknoedel(ジャガイモ団子)二つとビール1杯でなんと3.50ユーロのサービスデー!
そんなわけで、友達と行ったわけですよ。

店に着いたのが19時過ぎくらいでした。そこからずーっと店員が来るのを待ってたんですけど、来ない。
いくら経っても来ない。何度も店員に合図して気づいてるはずなのに来ない・・・
隣に座ってたおじちゃん&おばちゃんたちも私たちに
「店員まだ来てないの?ありえないわ!普段はこんなことないのに!」
と何度も話しかけてくるほど、来なかった店員。

45分経っても店員が来ないから、隣のおばちゃんが怒り、
「私、ちょっといってきてあげるわ!」
と席を立ちました。友達も彼女と一緒に飲み物を頼みに。

やってきたのは店員ではなく、ビールを持った友達とおばちゃん。まさにセルフサービス!
ちなみにビールはおばちゃんのおごりでした!

その後も食べ物を頼もうと、店員に
「今日のサービスメニューを二つお願いします。」
と頼むものの、一言
「AUS!(売り切れ!)」
そのあと注文を聞きに来ることなどありませんでした・・・

その後待っても待っても、全然来ないし、また友達が店員に直々に料理を頼みに行きました。

さらに待っても待っても来ない、料理・・・
1時間待っても来ないから、何も食べずに店をあとにしました・・・

すっごいお腹すいて、2時間も店にいたのに、誰一人として店員が来なかったんですよ!
すごいでしょ!?ありえないでしょ!

2時間も待ってた私たちもすごいですよね・・・。

PageTop

Wir bauen fuer Sie!

先日、ドライブに連れて行ってもらったときに、Autobahn(高速道路)を通ったのですが、
そこで日本では考えられないような看板を発見!
残念ながら写真は撮れませんでした。なんせ、160km/hくらいの走行だったので・・・。

何が書いてあったかというと・・・・

Wir bauen für Sie !
(私達はあなたたちのために工事をしています。)

本当にビックリしました。
こういう精神で仕事をしてるのは知ってたし、
そんなことも何度も口にしてたのを聞いたことあったけど、
文字化までしてるなんて・・・

ある意味、その精神に感動!
ドイツ人万歳!

banner

PageTop

外国人のドイツ国籍取得プロセス

外国人の半数以上は10年以上ドイツに住んでいて、20年を超える人々はほぼ3分の1にもなるらしいです。10年以上の居住者のうち80万に以上が25歳以下で、その3分の2はドイツで生まれた若者だそうです。

外国人を親としてドイツで生まれた子供は、法律により出生と同時にドイツ国籍を取得することができるんだけど、両親のどちらかが8年以上ドイツ国内に適法 の通常の居所を持っているか、あるいは未期限の滞在許可を得てから3年以上が経過していることを要件とするらしいです。子供は成人に達した時点でドイツ国 籍か外国国籍かどちらかを選択しなければいけません。

外国人は8年以上ドイツに居住するだけで市民権請求の権利を得れます。もちろん、ドイツ語の十分な知識が必要です。原則として、市民権取得の際、それまでの国籍を放棄することが要求されます。(法律ですからね、もちろん例外もあります)

banner

PageTop

語学学校ビザ

基本的に語学学校ビザは一生に18ヶ月(1年半)しか出ません。
大学や専門学校、ならびにドイツの学校で勉強したい人は、この期間内にドイツ語をマスターすることが要求されます。
マスターといっても1年半では限界がありますが・・・。
この1年半の間にDSH、ZOP、DSPII、Test DaF もしくはこれらと同等な試験に合格しなければ、先へは進めないということです。
この期間中に語学試験にパスできなかった場合は、基本的にビザはおりないといってもいいと思います。
もちろん、この世の中常に例外があるので、絶対におりないというわけではありません。

でも18か月分のビザをもらうときに、これ以上語学学校ビザを申請をしないというようなことが書いてある紙に署名させられます。
ビザ係りの人にも、
「いい、これ以上語学学校ビザはおりないからね。」
と念をおされます。

ちゃんと目標を持って勉強すれば1年もあれば、ドイツの学校で勉強するために必要な語学試験はパスできます。ドイツの大学で勉強したいという人は、試験のことを頭に入れて授業をしてくれる学校選びをする必要があります。
それぞれ試験によって問題の形式や問われることが少しずつ変わってくるので、自分が目標としている試験対策をしてくれる語学学校に通うに越したことはありません。
ビザの話からちょっとずれてしまいました・・・。

banner

PageTop

学生ビザ

語学学校ビザ(1年分)取得のために必要なもの。

①語学学校に通っているという証明書
②健康保険加入証明書
③住民登録
④ドイツの貯金通帳(Sparbuch)に7000ユーロ
⑤パスポート
⑥ビザ申請書(これは外国人局においてあります)
⑦1年の場合はたしか40ユーロくらいかかったと思います。
⑧証明写真

確かこれくらいだったと思います。
バイエルン州以外は、日本の会社の保険でも大丈夫みたいですが、バイエルン州は厳しくて、ドイツ国内の保険に加入してないとビザはおりないそうです。

ビザ取得時に一番大事なのは「気合」です。
とにかく強気で行くのが大事です。ちょっとでもこっちが弱みを見せると、そこにつけこんでこられます。
たまに人によって違うことを言われたりしますが、そういうときはちゃーんと、
「持って来いって言われたものを持ってきたんですけどっ!」
って絶対に言ってください。
運がよければ、というか、がんばって闘えば
ビザがおりたりします。

私は毎回、気合をいれて、しかもありえそうなハプニングも想定して、そのときの対処方法とか考えてから、ビザを取りに行ってます。
↑なんか嘘っぽいかもしれませんが、かなり本当です。たらいまわしにされることも覚悟で!
外国人局の人かなりたちの悪い人多いです・・・
毎日毎日いろんな外国人を相手してたら(しかもドイツ語通じない人も多いだろうから)、面倒くさくなるのもわかるけど、でもやっぱりちゃんと仕事はしてほしいです・・・

がんばってください!

banner

PageTop

語学学校ビザなのに!?

最近は語学学校ビザでも90日間の労働許可がついてる場合があるらしいんです。
週末と祝日のみの労働ということになってるらしいのですが。
いつからそんなふうになったのかわかりませんが、労働許可がついてるらしいです。
もしかしたら語学学校によるのかもしれません。
労働許可つきの語学学校ビザを持っている友達は大学付属の語学学校に通っています。その友達の話によると、他の子もみんな90日間の労働許可がついてるらしいです。

これはもっと詳しく調べて見る必要がありですね。
近いうちに調べておきます。

情報を持っている方がいれば、情報提供よろしくお願いします!

banner

PageTop

青いライト

日本の救急車や消防車、パトカーなど、緊急出動車は赤いライトを使っていますよね。
でもドイツを含めヨーロッパの緊急出動車はたいてい青いライトを使っています。

これにはちゃんとした理由があったんですっ!

第二次世界大戦中、ゲシュタポ(ドイツの秘密国家警察)は連合軍の爆撃機を避けるため、灯火管制されたドイツの街で目立つことのないように青いライトを使い始めたそうです。
理由→青い光は、暗闇で一番見えにくいから!

これを他の国の警察機関がまねて、終戦後もそのまま残っているのだそうです。

実はずっと「なんで青いライトだろう?」って思ってた私。
すっごいすっきりしました!
もしかしてみんな知ってましたか!?

PageTop

音楽留学情報

以前は音楽大学で勉強するのに語学試験は必要なかったのですが、最近はその傾向が変わってきているようです。

一般大学ほどの語学レベルは求められませんが、
Goethe Institut主催の中級語学試験、ZMP(Zentrale Mittelstufenpruefung)レベルの語学試験の合格証明書が必要となるようです。

楽器の練習と語学勉強の両立は難しいので、語学試験を課せるべきではないとの意見もあるらしく、学長と講師、教授の間で対立もあるそうです。

PageTop

歯医者さんで

この前、インレー(銀歯)が取れてしまったので、歯医者に行ってきました!
というこで、今日は歯医者さんで使う用語です。

歯が痛い Ich habe Zahnschmerzen.
インレー  Füllung
親知らず  Weisheitszahn
乳歯 Milchzah, Milchzähne
虫歯 Karies

ドイツの歯医者さんのいいところは、1回で治療が終わるとこです。
あと、毎回不思議だって思うのが、診療室に入るとまず、軽い自己紹介と握手をすることです。
日本でお医者さんと握手なんてしないですよね?お医者さんも自分の名前なんて言わないし。

PageTop

サッカー用語

今年はドイツでワールドカップが開催されるということで、
サッカー用語特集です!!

サッカー Fussball
ゴール  Tor   
オフサイド Abseits  
コーナーキック  Eckball 
フリーキック  Freistoß 
ペナルティーキック  Elfmeter 
イエローカード gelbe Karte 
レッドカード  rote Karte 
交代  Wechsel 
シュートを打つ  ein Tor schießen

また思いついたら紹介します。

PageTop

へぇー

この前、友達と話してるときに教えてもらった、ちょっと使えそうな、でもやっぱりつかうところがなさそうなドイツ語。

jemanden in die Wüste schicken
「人を追放(左遷)する」 
直訳すると 「砂漠に送る」です。これは比喩的表現ですね、明らかに。

何の話をしてて、こんな表現が出てきたかというと・・・。
変な人と知り合って、わけわかんないこと言われたという話をしてたときです。
普通なら言わないようなことを言ってきた人がいたって話ですわ。

そのときに、友達がこう言ったんです!
↓  ↓  ↓
Ich werde ihn in die Wüste schicken.

「そんなやつさらばだね!」って、日本語でもさり気に言ってました。
こんな類の意味ってことですね。

PageTop

X oder nie wieder Sex !

飲みの席での一言です。

「全部飲むか、一生セックスしないか!」

これ、かなり究極の選択ですよね?

auf X trinken で、「全部飲み干す」 です。

PageTop

あー疲れたぁ!

休みでなにもしてないからか、疲れがどっと出てきました・・・
ということで、今日はドイツ語で一言!

あー、もう疲れたっ!

Ich bin fix und fertig!!!

本来の fix und fertig 意味は、「完全に終わらせる」です。

例えば、Alles ist fix und fertig aufgeräumt!
「全部ちゃんと片付け終わったよ!」

暑い日に使えそうな表現>>>
Die Hitze macht mich fix und fertig!
「暑さでもうダメー」 「暑さにやられた・・・」
という感じです。

PageTop

これだけ知ってれば大丈夫!

ドイツ生活でめちゃくちゃよく使う!?いや、これだけ知ってたらどうにかなるという単語が3つあります!
ちなみにドイツ人が教えてくれました!

・Danke! ありがとう。
・Nein! いいえ、いらない。(英語でいうところのNOです)
・Was? なに?

これだけ知ってたら、なんとかなるそうです。

なにか言われたら、
「Was?」
↑はっきり言って、この表現めちゃくちゃ失礼です。でもだいじょうぶ!ドイツ人もたいがい失礼だから。これくらいじゃへこたれません。

何を言ってるのかわからなかったら、とりあえず
「Nein!」
ついつい、「はい」とか言っちゃいがちですが、ドイツでは言わないでください。
危険です。断ることが大事ですっ!

そして、最終的に
「Danke!」
この一言とっても大事ですね。

これだけ知ってればもうだいじょうぶ!ドイツ旅行が堪能できること間違いなしですっ!!

ちなみにこれを教えてくれたドイツ人曰く、
日本語で大事なのは

・すみません。
・お願いします。
・ありがとう。

この3つだそうです。

PageTop

ドイツ語の名詞の性

ヨーロッパ言語にはよく名詞に性があります。
イタリア語、スペイン語、フランス語、そしてスウェーデン語などなど。
でもどの言語も性は二つ。

なのにぃーーー!!ドイツ語には名詞の性が3つあるんですっ!
男性、女性、中性名詞の3つです。
3つもあるので名詞の性がわからないとき、ちょっと困ります。二つしかないと当たる確率は50パーセント。
でも3つもあると当たる確率が一気に落ち、33パーセントに・・・
そんな話はおいておいて、飲み物の性の話です。

・水(das Wasser)は中性
・ビール(das Bier)は中性
・ジュース(der Saft)は男性
・ワイン(der Wein)は男性
・シャンパン(der Sekt)は男性

"基本的"に飲み物は男性名詞らしいっすよ。
これ、名詞の性を覚えるときに役立ちますよー!

えっ!?じゃー、なんでビールは中性なの?

それはですね、

ドイツではビールは水とみなされるから・・・
水が中性名詞だから、ビールも中性名詞。
これかなりすごい理由です。

じゃー、コーラ(Cola)は何名詞ですか?
これはまだちゃんと決まってないようです。
よく聞くのは「die Cola【女性名詞】」、でも「das Cola【中性名詞】」の意見もあり。

なんで女性名詞なの?
Colaは「a」で終わってるから。

なんで中性名詞なの?
「das Getraenk(飲み物)」だから。

でもColaが男性名詞ではないことだけは確かだそうです。
der Saftなのに。なんでなんでしょうね。
Colaだってジュースのひとつですよね?
不思議です、不思議でたまりませんっ!!

PageTop

むかついたときに一言!

むかついたときに使えるドイツ語です。

Scheiße! くそーっ!

【英語で言うところのshittです。とにかくみんなよく言ってる!なんかあれば、とりあえずこれって言うくらい使われてる表現です。】
「Scheiße」の本来の意味は「糞」です。誰かが 「Scheiße!」 と言ったら、
「Das sagt man nicht, tut man!(それは言うもんじゃなくて、するもんだよ!)」 と返すのもありです。

So ein Mist! なんてこった!

【これもよく聞きます。っていうか、よく使ってます、私・・・。ありえないようなことや、ついつい間違えて変なことやっちゃったりしたら一言!】

Leck mich am Arsch! 消えて!どっかいって!

【けんかしたときに使えます。知らない人には言わないほうがいいかも。恋人や親、兄弟と言い合いになったときなどにどうぞ!って、そんな進めるような表現ではありません。】

今回の表現はむしろ言わないほうが賢明です。だったら、こんなの紹介するなよ!という話なんですが、
どういう意味か知っておくに越したことはないと思ったので書いてみました!

PageTop

冬休みに突入!

今日で大学の冬学期(Wintersemester)が終了しました!

冬休み前に飛び交う表現を紹介しまーす!

Schöne Ferien!!

素敵な休みを!

注)「Ferien」は学校や大学の休み期間のことです。仕事をしてる人の休暇は「Urlaub」です。


Schöne Ferien!」と言われたら「Gleichfalls/Ebenfalls!」(あなたもね!)とかえしましょう!

金曜日、仕事が終わった後や、授業が終わったあとには

Schönes Wochenende!!

よい週末を!

ってことで、みなさんにSchönes Wochenende!

PageTop

Umgangsprache 話し言葉

Das ist nicht mein Ding!

この表現よく使われるので、紹介!と思ったのですが、日本語でいい訳がみつからないっ!!

なにか自分の趣味や嗜好に合わないものなどに対して使う表現です。

例えば、なにか珍しい食べ物とかを勧められて、食べてみたのはいいけど、
「うーん、あんまりおいしくない、好みじゃない。」
というときなどに

Das ist nicht mein Ding.

結構使えますよ!特に友達と話してるときに!!
文字色文字色文字色

PageTop

Deutsche Sprachpruefung II bei SDI その8

口頭試験は4分野あります。

以前にも述べたようにVorlesungから3科目と新聞の記事を読んで口頭で要約するというものです。

Vorlesungはテキストがあり、授業はテキストにそったかたちで行われます。
その中から問題が出るのでテキストをしっかり読んで、理解していれば大丈夫です。
暗記だけで、理解してないと、違う角度から質問が出た場合、対応ができない場合が多いので、丸暗記は危険です。
自分で自分の言葉でテキストを要約するのが一番いい勉強方法だと思います。

新聞記事はそんなに長くありません。テキストを声を出して読んだあとに、要約します。そのあとはその記事についての質問、それから単語・文法説明などがあります。

口頭試験は30分です。30分間にVorlesung3科目と新聞の要約をします。試験結果は口頭試験が終わったらすぐにわかります。

筆記試験に合格していないと、口頭試験を受けることができません。
筆記試験の合格発表の2、3日後に口答試験があります。
ちなみに試験官は二人です。

PageTop

Deutsche Sprachpruefung II bei SDI その7

実はDSPIIを受けるために合格しておかなければならない試験が3つあるのです。ということで、今日はその話です。

以前にも書いたように6.Trimesterの終了試験がDSPIIです。5.Trimester以前から入った場合はVorlesungの合格証明書が3つ必要になります。
いきなり6.Trimesterからという人はVorlusungの筆記試験は必要ありません。

Vorlesungの授業では、ドイツの歴史IとII、地理、政治、経済用語、科学技術、文学IとIIの8科目があります。この中から3つ筆記試験、それからDSPIIのときに3つ口頭試験があり
ます。合計6科目取らなければならないということです。
すなわち、筆記試験でやったものを口頭試験のときにまたやるということはできません。

Vorlesungの3科目の筆記試験合格証書がDSPIIを受けるときの前提条件になります。
筆記試験の合格証書(Schein)が必要です。もし、6.Trimesterなのに持ってなかった場合は、
先生のところへ行って、事情を話して、この試験を筆記で受けますっていう紙を書き、先生の署名をもらえば、もちろんScheinがなくても受けれます。
当たり前の話ですが、DSPIIの筆記試験にすべて合格してたとしても、VorlesungのScheinがないと、口答試験を受けることができません。

私は5.TrimesterのときにVorlesungの試験を何も受けてなかったので、6.TrimesterのときにDSPIIの試験とVorlesung6科目やることになりました・・・かなりハードでした。ちゃんと計画的にすることをお勧めします。

PageTop

Deutsche Sprachpruefung II bei SDI その7

実はDSPIIを受けるために合格しておかなければならない試験が3つあるのです。ということで、今日はその話です。

以前にも書いたように6.Trimesterの終了試験がDSPIIです。5.Trimester以前から入った場合はVorlesungの合格証明書が3つ必要になります。
いきなり6.Trimesterからという人はVorlusungの筆記試験は必要ありません。

Vorlesungの授業では、ドイツの歴史IとII、地理、政治、経済用語、科学技術、文学IとIIの8科目があります。この中から3つ筆記試験、それからDSPIIのときに3つ口頭試験があり
ます。合計6科目取らなければならないということです。
すなわち、筆記試験でやったものを口頭試験のときにまたやるということはできません。

Vorlesungの3科目の筆記試験合格証書がDSPIIを受けるときの前提条件になります。
筆記試験の合格証書(Schein)が必要です。もし、6.Trimesterなのに持ってなかった場合は、
先生のところへ行って、事情を話して、この試験を筆記で受けますっていう紙を書き、先生の署名をもらえば、もちろんScheinがなくても受けれます。
当たり前の話ですが、DSPIIの筆記試験にすべて合格してたとしても、VorlesungのScheinがないと、口答試験を受けることができません。

私は5.TrimesterのときにVorlesungの試験を何も受けてなかったので、6.TrimesterのときにDSPIIの試験とVorlesung6科目やることになりました・・・かなりハードでした。ちゃんと計画的にすることをお勧めします。

PageTop

Deutsche Sprachpruefung II bei SDI その6

今回で筆記試験の話は終わりです!

5つめの試験は手紙です。
60分間に2通ほど手紙を書かなければなりません。

1通はフォーマルな手紙。保険会社や新聞社など宛てです。
どこに差出人、受取人の名前を書くのか、どういうふうに書き始めるのかなどきちんと知っておかなければなりません。

この授業も週に1時間あるので、そのときに先生がちゃんと教えてくれるので心配無用です。
この授業ではフォーマルな手紙での適切なドイツ語を学ぶことができるので一石二鳥です!
こういうことはなかなか他の語学学校ではやらないようです。

もう1通は友達宛ての手紙です。この手紙はとにかく情緒的に。ただダラダラと書くのじゃなくて、手紙の中に自分の感情を込めて書くことが大事です!

こういうふうに手紙の書き方だけを学ぶということは他の学校ではなかなかありません。
この授業はとっても役に立ちました。
病院などに行くと、自分で保険会社に手紙を書かないといけないことがよくあるので。

PageTop

Deutsche Sprachpruefung II bei SDI その5

書き取り(Diktat)は試験時間45分です。

先生がテキストを3回、声を出して読むので、その文章を間違えずに書き取るといういたってシンプルな試験です。耳から入ってきた単語をつづりを間違えずに 書けるか、大文字なのか小文字なのか、複合語なのかひとつの単語なのか、的確な場所にコンマが打てるかなどがこの試験では問われます。

1回目は朗読のペースなので書き取ることはできません。このときにテキストの内容をつかみます。
2回目はゆっくりと一文ずつ、2、3回繰り返して読んでもらえるので、そのときに書き取ります。
3回目はまた朗読のペースです。このときは書き取った文章を見直すという感じです。

この試験簡単そうに聞こえますが、意外に難しかったりするようです、特にアジア人には・・・
Diktatの克服の仕方としては、ドイツ語をたくさん聞くこと、それからわからない綴りがあったら聞いたり、自分で辞書を引いたりして調べる。そうすることによって、綴りを覚えられるのではないかと。
やはり一番いいのはすぐに人に聞かず、自分で耳から聞き取った音をなんとか綴ってみて、いろんな音の組み合わせを試して見ることも大事だと思います。
そうすると、どのようにアルファベットが並ぶのかを同時に学ぶことができるかな。

辞書を引くことって大事です。辞書が恋人というくらいの勢いで辞書を引くのが最大の対策ですね!

PageTop

Deutsche Sprachpruefung II bei SDI その4

論文試験についてです。

論文と聞くと「うわっ!」って思っちゃうかもしれませんが、大丈夫です。この授業も週に2時間あるので、試験に出るテーマは授業でやったテーマに関するも のなので、毎回課題をこなしていればなんとかなります。どういうふうに文章を組み立てていけばいいのかなど、ちゃんと教えてもらえるので心配ありません。

テーマは3つあって、その中から自分が書きやすいテーマをひとつ選んで書きます。時間は120分です。

中身のある文章を書くことももちろん大事ですが、文法も同じくらい大事です。小さな間違いでも容赦なくマイナス点がつくらしいので、そこらへんに気をつけ て文章を書くことが重要なのではないかなと思います。ドイツ語の文法うざいくらい細かいけど、ちゃんと学んでたらいいこともっ!

文章を書くときに気をつけたいのが起承転結です。
さすがに母国語で書くようにはいかないけど、(私は日本語でもたいした文章かけませんが・・・恥)
導入部、主文そして終わりのこの3つの構成で文章が書けていたら、言うことなしです!

PageTop

Deutsche Sprachpruefung II bei SDI その3

毎日小出しでごめんなさい・・・

今回は2冊本を読んで設問に答える試験についてです!

読まなきゃいけない本は先生が指定してきます。1冊は17世紀くらいに書かれた本なので、ドイツ語自体が古くはっきり言ってわかりにくいです。もう1冊は現代文学なので、ドイツ語的にすごい難しいというわけではありませんが、内容が結構複雑な感じの本です。
設問がそれぞれの本について10問ずつくらいあります。試験に出るのはその中から4、5問です。

設問に関するヒントというか答えが書いてある資料が配られます。わかりにくいところは先生が補足説明をしてくれます。あとは自分の言葉でまとめておけば大丈夫です。ちゃんと本を読んで、理解できてたらなんとかなる試験です。
もちろん、全部で20問もある質問の説明をするわけにはいかないので、自分でもそれなりに用意する必要はあります。だからといって、授業で全くやってないことを試験に出されるいうようなことはありません。

私はこの試験の意味が見出せませんが・・・でもかなり重要な試験のひとつです。

PageTop

Deutsche Sprachpruefung II bei SDI その2

Deutsche Sprachprüfung II (以下>DSPII)の試験の詳細を少しずつ小出しにしていきます。
まずは新聞記事の要約試験の話から。

時間は120分、その間に記事を読んで、要約するという試験です。確か両面印刷のA4サイズが1枚でした。記事としては短いとは言えないかも(私にとっては結構長かったです)。

週に2時間、新聞記事要約の授業があって、毎週その練習をするので、その間にどうすればいいのか、どういう要約が求められているのかということを学べます。

例えば、片面印刷で1枚半の記事だからといって、1枚分も要約する必要はなく、本当に重要な部分がわかっているかどうかがポイントになるので、要約してみ たら5文くらいにしかならないことはよくあります。先生は「要約なんだから長くなったら駄目だ!」って常に言ってました。

実際、私は試験では10行くらい(いやもしかしたら10行以下だったかも・・・)しか書かなかったし。それでもちゃんと大事なところは書かれていたらしく、高得点をマークできました!(実は受からないと思ってたんですけどね・・・アハハ)

PageTop

久しぶりに!

今日は久しぶりに買出しにスーパーへ。

買い物を済ませレジに。
合計で9ユーロちょっとだったんだけど、
お財布の中にあまり現金が入ってなかったので、
カードで買うことに。

でも、レジのおばちゃんがなんだか、「うーん」って顔をしてたので、
「だめですか?」
って聞いてみると、
カードが使えるのは10ユーロ以上だとのこと。

「あめかガムか何か買えば大丈夫よ」
と言われたので、友達が来るということもあり、
ビールを購入。そしてめでたく?10ユーロ越え。

こんなことなんだけど、レジのおばちゃんなんて優しいの!
って思った私です。
だって、そこらへんのレジ係りの人なんて
めっちゃ無愛想なんですもん。
しかもびっくりするくらい。
きっと普通のドイツ人だったらきっと、
「カードはダメ!」
で終了ですよ。なんでダメなのか絶対に言ってくれないと思うし。

しかも、アジア人の私に
「どう、ドイツの生活は?大変?」
とか聞いてくれて。
初めてです、レジのおばちゃんとこんな会話したの。

面白かったのが、おばちゃんが自分で、
「Die Deutschen sind schwer und die Sprache auch ne」
(ドイツ人は気難しいし、ドイツ語も難しいしね)
って自分でドイツ人は気難しいことを認めたことです。

ずっと、ドイツ人は自分達のこと気難しいとか思ってないと思ってただけに、
ちょっとビックリと同時に、
「ようわかってますやん!」
って心の中で突っ込んでしまいました。

たまにはいるんですね、こういう人も。

最後は満面の笑みで
「Schoenes Wochenende!」
って言ってくれました。

ありがとう、おばちゃん!
ちょっとドイツ人のこと見直したよ!

banner

PageTop

Deutsche Sprachpruefung II bei SDI

Deutsche Sprachpruefung II 、この試験はSDI(Sprachen- & Dolmetcher Institut)の卒業試験です。以前にもお話したようにこの試験に合格すれば、大学で勉強できます。

筆記試験と口頭試験があります。
筆記試験は5科目、口頭試験は4科目です。きっと「え~、そんなにあるの!?」って思った人も多いかもしれませんが、そんなこともありません。6.Trimesterの約3ヶ月間その試験のために勉強するから。

筆記試験は1日1科目ずつ、5日間あるので、負担もそんなに多くはありません。5日間も試験があるのかぁって思うと憂鬱ですけど、そこらへんはプラス思考で!

①新聞記事の要約、②2冊本を読んで、設問に答える、③論文、④手紙、⑤書き取りです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。